ジール幼児教室大阪市

幼児の集中力を育てるのに必要な生活リズム

幼児の健康で、健全な成長のためには、睡眠、食事、運動など毎日の規則正しい生活習慣が大切です。その基本的生活習慣をみにつけるためのしつけをしていくことは大事なことです。

幼児期から特に睡眠などの基本的な生活習慣が乱れると、いろいろなことをやってみたいと思う意欲や体力、頑張ろうと思う気力が下がり、情緒不安定になり落ち着きのない子になります。

親子が一緒に過ごすことの多い、幼児期ほど親がお手本になり、正しい生活習慣をつくっていきましょう。子どもは親の後ろ姿をみて育ちます。

時に大切な生活リズムの基礎は、夜は早く寝て朝早く起きることです。夜寝るのが遅いとどうしてもイライラした状態になりやすいです。夜早く寝ることで頭もすっきりして子どもの集中力もあがります。1歳児、2歳児の時から早寝早起きを身に付けていくようにしましょう。

規則正しい生活習慣が集中力あげるために必要です。
毎日の生活を、朝起きたら衣服を着替え、おトイレに行き、顔を洗い、朝食を食べるなどのようにパターン化し、習慣化していくが重要です。パターン化していくことで自然に体が動き、生活リズムを身に付けやすくなります。

休日も子どもの生活リズムをみださないようにお父さんもお母さんも早起きして、一緒にごはんを食べ、話をし、遊ぶなど親子で一緒に過ごす時間をつくるようにしましょう。

・早寝早起きのサイクルをつくりましょう。
・睡眠時間をしっかりとりましょう。
・1日3食しっかり食べましょう。
・お子様の話をたくさん聞きましょう。
・学習の習慣も幼児期の過ごし方が影響します。勉強や読書、絵本の読み聞かせなどの時間を毎日組み込むでいくことが大切です。

 

ジール幼児教室へのお電話幼児教室 大阪|脳と心がよろこぶ ジール幼児教室
〒534-0024 大阪市都島区東野田町1-21-20 黒崎ビル2F

Top