ジール幼児教室大阪市

幼児の読書は日々のくらしから

本は何のために読むのか?

本の楽しさを知るためです。
読書をすれば、知性が磨かれ、知識が増えます。
教養豊かな人間なります。

しかし、これは、読書の副産物です。

読書の目的は、本の楽しさを知ることです。

自然に本に興味を持たせるにはどのようにしたらいいのでしょうか。

例えば子どもと話しをしていた時にでてきたこと、
子どもと一緒に調べてみて「こんなこと書いてある、おもしろいね。」と

いうように本に興味を持つように仕向けます。

子どもと一緒に面白がって読むことが大切です。
そして本は声に出して読むようにいってください。
文章の上手な人が書いたものは、スラスラとよむことができて、聴いているだけでわかります。

読書の習慣は、親子の暮らしから始まります。

親が新聞も本も読まない家の子は、新聞も本も読まないのが普通です。

子どもにすれば当然のことです。

読書も日々の暮らしから始まります。

ジール幼児教室へのお電話幼児教室 大阪|脳と心がよろこぶ ジール幼児教室
〒534-0024 大阪市都島区東野田町1-21-20 黒崎ビル2F

Top